スマートフォンや最新ガジェットの記事を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「僕はビートルズ」

「僕はビートルズ」 かわぐちかいじ、藤井哲夫

かわぐち かいじ
560円
評価平均:
powered by yasuikamo


2010年3月11日。ビートルズのコピーバンド「ファブ・フォー」は、日本のビートルズバンドの聖地である六本木リボルバーと専属契約を結び、「本物のビートルズよりも上のテクニック」をステージで披露する日々を送っていたが、メンバーの一人レイは脱退を告げた。レイを交えた4人でのラストステージ終了後、マコトは六本木駅のホームでレイを引き止めようとするが、考えを変えないレイに激昂したマコトは、電車が入りつつあるホームでレイを突き飛ばし、腕を掴んだことでレイ、ショウ、マコトは三人とも落ちてゆく。反対側のホームにいたコンタが異常に気づき、目を見開いた。
次にショウとマコトが目を覚ました時は、1961年3月11日へとタイムスリップしていた。ビートルズがレコードデビューする前の無名の時期である。レイとコンタの姿は見えなかった。マコトは彼ら(ビートルズ)に先んじて、彼らの曲を自分達の曲として発表すれば、彼らがその曲を発表できなくなる代わりに、2010年には存在しない新曲を作らせることができ、彼らの新曲と自分たちのオリジナル曲を世界のヒットチャートで競わせたいと考え、ショウを説得して行動を起こす。現代とは商慣習からして違う、1961年の音楽業界の中で右往左往しながらも、2人は「ファブ・フォー」としてレコードデビューを果たし、レコード会社が幅を利かせて市場やアーティストを束縛するのが当たり前の業界に一石を投じた。
(Wikipediaより引用)


以下の台詞は、この作品の3巻にて、「ファブ・フォー」のバンドメンバーであるマコトがレイに対してバンド再結成と共に1961年において自分たちでビートルズの音楽を自分たちでやろう、と諭す場面です。


マコトは、レイに向かって言う

『2010年において音楽のほとんどは先人によってすでに発掘されていた
俺たちに「名曲」が作れないのは才能がないからじゃない
誰かが先に見つけ出していたからだ』

それに対してレイは真っ向否定する

『違うぜマコト・・・
真のオリジナルが作れないのは
歌いたいメロディー伝えたい言葉が俺たちにないからだ
それを見つけられない限り俺たちはビートルズ以上の曲を生み出すことは出来ない
ビートルズを愛していてもそれを真似ちゃいけないんだ』
(「僕はビートルズ(3)」より抜粋)

ガツンと来ました。

音楽に限らず、様々なことについて追求していくと先代のアーティストの素晴らしさを嫌でも実感してしまうのだと思います。二人ともそのことは理解していますが、音楽のオリジナル性に対する考え方は全く異なっています。

マコトは、現実主義。新しいモノを作り出すことはきわめて難しい。それは自分たちのせいではないと考えている。

レイは、理想主義。新しいモノを作れないのは自らの思想やメッセージを具体化できてないからであり、先代の音楽観を追従するのは真にオリジナルでないと考えている。



現代では、様々なものが充実して存在しています。携帯電話、パソコン、車など、今あるモノでもう十分だろうと思われますし、私もそう感じることがあります。しかし新しいものはいらない、もうオリジナルを作れない、と思考停止してしまうと、固定観念に縛られてしまい、身動きが取れなくなる。伝えたい言葉や想いを日々持ちながら生きているだろうか、日々に流されているだけではないだろうか。そのようなことまで考えなくても、生きていくことは可能だ。しかしそうなると、自分から殻に閉じこもり、新しい発想は生まれにくくなるのではいないでしょうか。自分で殻を破らないと、進歩は得られない。全てに言えると思います。


私もレイのように、自分が自分の想いから作り出した音楽を作ってやる、という考えが好きです。
彼のような考えを、私も大事にしていきたい。

素晴らしい漫画に出会えました。

かわぐち かいじ
560円
評価平均:
powered by yasuikamo
スポンサーサイト
[ 2011/02/14 06:42 ] コミック | TB(0) | CM(0)

ヤマザキマリ 「テルマエ・ロマエ (THERMAE ROMAE)」

こんにちは!今日は漫画のレビューをします。

テルマエ・ロマエ (THERMAE ROMAE)

ヤマザキマリ
714円
評価平均:
powered by yasuikamo


あらすじ
設計技師のルシウスが古代ギリシャのお風呂と現代日本のお風呂の間をタイムスリップし、見てきた優れた技術でギリシャにて革新的な浴場を作り上げて、名を馳せていくお話。

面白いのは、お風呂からお風呂へタイムスリップするというへんてこなアイデア(笑) そして、謙虚で大真面目なルシウスが日本風呂の技術に驚愕して、なんとかして仕組みを知ろうとすること。また本人は未来に来ているという感覚はなく、全く未知の国にきているという印象を受けています。大真面目に考えるルシウスがかわいいです。

突然裸のまま日本にきたこのギリシャ人に戸惑いながらも接している日本人のみなさん(ルシウスは平たい顔族と読んでます)がシュールでほのぼのしてしまう、そんな漫画です。 早く二巻が読みたいです!
[ 2011/02/07 13:45 ] コミック | TB(0) | CM(1)
検索フォーム
スポンサードリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
iPhone(Apple)
190位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。